タグ : 資源

バイナリー温泉発電(動画)

シリーズ電力危機 温泉 バイナリー温泉発電

2011年に放送された動画。
温泉の熱を利用した発電に挑戦する方々の話です。
北海道 北湯沢温泉や鹿児島 霧島温泉、
先日、松之山温泉のことを書きましたが、この動画後半に稼働前の話も少し。

低温熱を有効利用するバイナリー発電 川崎重工業と松之山温泉

一般的に地熱とは、150℃以上を指しこれ以下の低い温度では、発電に使用するのは効率が悪い。
とされてきました。
しかし、技術的に改良が進み、150℃以下でも発電利用をする動きが活発化している。
現在放出されているこの低温の地熱を発電にまわすと、日本全体で原発7基分の751万kWあるとされている。

兵庫県神戸市の川崎重工業 神戸工場

2年前から低温の廃熱を利用して発電できるバイナリー発電装置を設置した。
このバイナリー発電装置では、80~130℃の廃熱で水よりも沸点の低いフロンやアンモニアなどのを蒸気にしタービンを回し発電している。
この工場から出る排熱で最大250kWの発電をしている。
発電施設の広さは、25m2程度。

新潟県の松之山温泉

2011年12月から環境省の実証実験としてバイナリー発電を設置。
出力は50kWで、フルで発電すると年間40万kW。
100度以下の温泉の熱を利用したバイナリー発電は国内初。
ここでは97度程度の温泉の熱で発電している。

しかし、2012年7月~温泉内の天然ガスが急増し水量と熱量が確保しづらくなり発電が休止状態になっている。

松之山温泉バイナリー発電システム

今は、立ち上がりの段階なので、さまざまなトラブルもあるようですが、
工場の廃熱や温泉の熱を利用したバイナリー発電は、国の補助などが入りながら導入を進めている民間や自治体が増えているようです。

今後のバイナリー発電の市場規模

2020年に約440億円見込まれる。
(日本総研)

同じ試算では
風力発電は、2020年に約1200億円。

とされています。

岩船沖油ガス田(プラットフォーム) 原油・天然ガス 生産量

1990年に稼働を始めた国内唯一原油と天然ガスを生産している海洋油ガス田「岩船沖ガス田(プラットフォーム)」
地下1200m~2900mから原油と天然ガスを引き上げている。

生産量は
天然ガス:瞬時値51万m3
原油:370kL(キロリットル)/日
(2012年WBS取材時)

2010年の日量平均
原油:280kL/日

2010年の国内生産シェア
原油:12.8%
天然ガス:5.6%

ちなみに過去の生産量など、出てきたデータは以下。

2004年の日量平均
原油450kL/日
天然ガス44万m3/日

2002年の生産量
原油 415kL/日(2,610b/d )
天然ガス 31.4万m3/日(1,100 万立方フィート/日)
コンデンセート 24kL/日(151b/d )

2002年末の累計生産量
原油 370.4万kL(2,330万 bbl )
天然ガス 13億1,400万m3(460億立方フィート)
コンデンセート 3.3万kL(21万bbl)


ちょっと調べてみたので、メモでした。

関連記事:
日本の資源開発 メタンハイドレートと佐渡沖原油・天然ガス
秋田県全体でシェールオイル 最大1億バレル

日本の資源開発 メタンハイドレートと佐渡沖原油・天然ガス

日本の資源開発

近年、採掘や探査の技術の発達によって日本周辺の海域でも新たな資源開発に向けた動きが相次います。
メタンハイドレートやシェールオイルなどの資源は、実際に生産できるまで時間がかかり、コストも高くなります。
しかし、世界的に資源獲得競争が激しく、資源価格の変動や高騰など日本の独自資源としての期待が高まっています。

メタンハイドレート

2012年2月、国の独立行政法人は、渥美半島の沖合で「メタンハイドレート」と呼ばれるメタンガスと水が結びついて氷のような状態になっている新たな天然ガスについて、世界で初めて海上での採掘試験を行いました。
この海域には国内での天然ガス使用量の14年分にあたるメタンハイドレートが存在するとみられています。

佐渡沖原油・天然ガス

資源エネルギー庁は、新潟県の佐渡から南西におよそ30キロ沖合の海底に石油や天然ガスが埋蔵されている可能性があるとして、2013年4月から試掘を行うことにしています。
石油や天然ガスの埋蔵の可能性がある範囲は100平方キロメートル以上に及んでいるということ。

秋田県全体でシェールオイル 最大1億バレル

秋田県由利本荘市の鮎川油ガス田で、国内初の「シェールオイル」の試験的な生産が今年9月にも行われる。

開発を進めるのは、石油・天然ガス開発会社「石油資源開発」と石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)。
80年代から地下1000~1500メートルの「女川層」という岩盤にシェールオイルが存在すると指摘されていた。
原油に比べて、採掘や石油採取コストが高いのが難点だったが、原油価格高騰や水圧破砕法という新技術が確立され、生産しやすくなった。

石油資源開発では、県内にあるほかの2か所の油ガス田でも試験生産を検討している。
この2か所と鮎川油ガス田の3つの油ガス田からは合わせて500万バレル程度のシェールオイルを採掘できると見込む。

また、秋田県全体で最大で1億バレル程度が採掘できる可能性があるとしている。
(1億バレル=15,898,729,500リットル。2010年に国内で消費された石油の6%程度にあたる。)

国内で資源を採掘して使うことはいいですね。

このニュースではもうひとつ、
「石油1億バレルですら、2010年に国内で消費された6%程度しか賄えない。」
ということに、改めて大量の資源を使用した上で、私たちの生活が成り立っていることを実感しますね。

TOP